《自民党総裁選 東京都連予備選》
安倍総理退陣を受けて、広く党員の意思が反映されるように執行部に要望していた総裁選党員党友投票。 都議会自民党、23区議会自民党、三多摩地区議会自民党と、東京における全議員が声をあげて、東京都連では党員投票を実施。 9月13日に開票となりました。
約10万の有権者に対して、約66%の投票率。 各候補者の得票は公表しませんが、1位だった菅義偉候補に東京に割り当てられた3票が投じられます。