墨田区選出・都議会自民党最年少・改革派

友が語る、川松真一朗

「川松とは。」  横尾武士


Facebook (https://www.facebook.com/takesy21)

今から25~6年前の事でしょうか。
地元の両国小学校に入学し、同じクラスになったのが親友・川松真一朗との出逢いです。
彼のイメージは今のようにがちっとした身体ではなく、大きな目をして、ひょろっと背の高かったのを思い出します。

当時の彼と言えば夏は真っ黒に焼け、プールでは学年で1、2を争う実力とサッカーをやっており運動会ではリレーの選手でした。
6年生になると当時からかなりの相撲通であり、相撲クラブに入っていたのを思い出します。
当時から将来の夢は内閣総理大臣と言っていたので今の川松真一朗がいる現状に違和感を感じないのは僕だけじゃないと思います。

中学校での生活はスポーツマンで優等生というのは変わらない学校生活でした。
中学校生活で一番印象にあるのは生徒会長選挙で、当時学校内でやんちゃなグループと優等生のグループを1つにまとめ生徒会長になった記憶があります。
あの生徒会長選挙が彼の政治の原点ではないでしょうか。

その後の川松はラグビー一途となって少し遊ばなくなった時期がありましたが、社会人になり改めて深くて中身の濃い交友関係を持たせて貰っています。

色々な後輩に会わせて貰う事が、何度となく有りました。そこで気づく事は「川松さんの為に働かせてもらいます」といった後輩が多い事に驚いた記憶があります。
ラグビーをやっていて体育会系では当たり前と言ってしまえば当たり前なのだが彼の周りには彼の為に働く人間が多いのは過去も現在も変わらない。
彼を言葉で表すのは難しい。
彼をホントに知りたければ肌で感じる事ではないでしょうか。
彼を簡潔に言うならば、勤勉、博学、真実一路、でもちょっとおっちょこちょいな人徳のあるイクメン男子ではないでしょうか。
いちファンとして、そして親友の1人として。
彼の今後を近くで見守っていきたいと思います。

 

「川松真一朗について」  羽鳥佑一郎


 墨田区選出で都議を務める川松真一朗君とは両国小・中学校の学友であり、その行動力と強い意志に多くの刺激を受けてきました。
 雰囲気や時代の空気に相容れない言動をするのは勇気がいることですが、彼は向こう傷を恐れることなく、自らの考えを堂々と実践しています。そのことはテレビ等メディアの後押し受けて圧倒的な人気を誇った小池都知事とも真っ向から意見をぶつけ合う姿勢や、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗元会長の発言をめぐるバッシングとそれを許す風潮に対する真摯な反論によく現れていると思います。
 交友を広くして意見を求め、本や史料に当たり、議論をし、様々な問題に対する自らの考えを絶えず推敲させている姿は高校・大学時代から変わっていません。そうして練り上げた問題意識や見識を以て、地震、水害危機管理、コロナ対応と現場に足しげく通って常により良い政策立案と遂行に力を尽くす姿には頭が下がります。
 テレビ朝日のアナウンサーとして活躍し、子供も産まれたばかりの2011年にその職を辞して墨田区長選挙へのほとんど無謀ともいえる戦いに臨むことを、多くの人は止めたことでしょう。しかし、その決断を必至のものとした区政に対する問題意識と、解決に向けた情熱は、選挙活動を通じて仲間たちの、そして有権者の心を打ち、その2年後の都議会議員選出につながったのだと思います。
 彼の多岐にわたる政策立案、言動について賛同できないこともあります。しかし、彼が雰囲気や風潮に以て枉げずおもねらず、専門家、行政・市井の現場で広く深く議論を交わして練り上げ、信念をもって行動していることについてその勇気に敬服し、また一人の友人として固い信頼を置いています。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6240-4370 info@kawamatsu2011.com

PAGETOP
Copyright © 東京都議会議員 川松真一朗事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.